呼吸器系の治療について

気管支喘息とは

気管支喘息は日本人の約5%の方が罹患している病気で、かつては年間に5000~6000の方が亡くなっていた病気です。

 

現在は治療法の進歩により無くなる方は減少しておりますが、現在でも1000人以上の方が喘息で亡くなっています。

適切な治療が大切

喘息は適切な診断と治療を行うことで発作が起こることも、症状が重症になるのも防ぐことが可能ですが、間違った治療によっては効果がないばかりか治療により悪影響が出ることもあります

喘息の診断および治療は常に新しい検査法や治療法ができるため、その時に最も適切な治療を受けることが病気のコントロールでは重要です。また、定期的に吸入などの治療を続けることはとても大変なことなので、信頼できる医師とともに治療にあたることが大切です。

呼吸器の専門医による治療を

喘息は出来るだけ初期の段階で発見することが重症化を防ぐ上でも非常に重要です。

 

風邪の時や、季節の変わり目、あるいはストレスなどがきっかけでも咳が長引く方や息苦しさを自覚される方は今まで診断されていなかったとしても喘息の可能性が考えられます

当院では気管支喘息の患者さんにはその方の生活習慣を見つめながら負担なく治療が行える方法を共に見つけていけるような診療を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

慢性閉塞性肺疾患患者は推定で500万人以上とも言われておりますが、実際に治療を受けている方は数十万人しかいないといわれています。ほとんどの場合は長期の喫煙が原因で発症する病気ですが、慢性的な咳や呼吸苦、喀痰などの実際の症状が出るまで長期にわたること、また症状の出方も緩徐(かんじょ)であるため治療をするべきものだと御本人が自覚しないまま放置しているケースが多くのも特徴です。

予防と早期治療が大切

 

喫煙を続けている5人に1人くらいの人は将来COPDを発症するといわれており、一度症状が進んだCOPDを元の状態に戻すことは非常に困難です。一方で禁煙により予防が可能な疾患であり、また出現した症状についても適切な治療を行うことで症状を軽減することが可能です。

現在はたばこの箱にも書かれている通り、喫煙習慣のある人は常にCOPDになってしまう可能性があることを知ったうえで、咳や痰などの症状に覚えのある方は一度専門医を受診し、今の自分の肺の状態を知り、禁煙と治療の必要性について前向きに考えていただきたいと思います。

禁煙外来について

喫煙による体への影響

喫煙による害は大きく二つがあげられます。一つは肺癌にかかる危険性が上がる事。もう一つは慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかる危険性が上がるということです。

 

二つの疾患は両方とも喫煙を原因としており、もちろん両方の病気になる場合もあります。

 

両方一度にかかるとお互いが悪い影響を与えるため、各々の病気にかかった時以上に体への負担は大きくなり、満足な治療が出来ない場合も珍しくありません

禁煙は環境を整えることが大切

喫煙による体への良い影響というものを明確に立証したものはほとんどなく、禁煙をすることは多くのメリットがあると考えられます。禁煙の基本はタバコを吸わない環境に自分を置くことです。

禁煙外来で適切なサポートを

以前に比べて、喫煙可能な場所が少なくなった現在は禁煙をしやすくなったと言えます。

 

しかし、それでも強い依存性を持つものなので自分の力のみで禁煙を達成することは非常に難しいと思われます。

禁煙外来はタバコの持つ人体への影響を理論的に分析し、より禁煙がしやすい環境を作っていくことを目的とした外来です。自身の禁煙への意思が最も重要ではありますが、禁煙を願う方々を上手くいくようにお手伝いをする場所だと考えていただき、まずは御相談ください。