メニュー

気管支喘息とは

気管支喘息とは

気管支喘息は日本人の約5%の方が罹患している病気で、かつては年間に5000~6000の方が亡くなっていた病気です。

現在は治療法の進歩により無くなる方は減少しておりますが、現在でも1000人以上の方が喘息で亡くなっています。

適切な治療が大切

喘息は適切な診断と治療を行うことで発作が起こることも、症状が重症になるのも防ぐことが可能ですが、間違った治療によっては効果がないばかりか治療により悪影響が出ることもあります。

喘息の診断および治療は常に新しい検査法や治療法ができるため、その時に最も適切な治療を受けることが病気のコントロールでは重要です。また、定期的に吸入などの治療を続けることはとても大変なことなので、信頼できる医師とともに治療にあたることが大切です。

呼吸器の専門医による治療を

喘息は出来るだけ初期の段階で発見することが重症化を防ぐ上でも非常に重要です。

風邪の時や、季節の変わり目、あるいはストレスなどがきっかけでも咳が長引く方や息苦しさを自覚される方は今まで診断されていなかったとしても喘息の可能性が考えられます。


当院では気管支喘息の患者さんにはその方の生活習慣を見つめながら負担なく治療が行える方法を共に見つけていけるような診療を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

紹介先・提携病院

高津駅前クリニックは、下記の医療機関と緊密な診療提携を結んでいますので、入院や精密な検査が必要な際には適切なタイミングでご紹介が可能です。

帝京大学医学付属溝口病院

たけおクリニック

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME